フードコートで多く使用される呼び出しベル

フードコートで多く使用される呼び出しベル 大型商業施設などの中ではいくつもの飲食店が集まるフードコートをよく見かけます。
お客さんは注文を済ませた後、料理が出来上がるまでお店から呼び出しベルを渡され、そのベルが鳴ることで料理の完成を知り受け取りに行きます。
フードコートによって使用されているベルは異なりますが、最近では様々なタイプのものが開発されています。
呼び出しベルは受信機を利用することにより、離れた場所にいるお客さんにアラーム音とバイブでお知らせすることが出来ます。
この呼び出しベルのおかげで、状況を気にせずに車の中で待つことが出来たり、待ち時間で他の場所を見て回ったりすることが出来ます。
お店側としても、送信機から発信した電波がお客さんの持つ受信機でしっかり受信できたかを確認することが出来るので安心です。
呼び出しベルを導入することにより、料理を作っている途中に待ちきれないお客さんが帰ってしまう心配がなくなったりするというメリットもあります。

呼び出しベルを介護用に活用する

今や日本は超高齢社会の真っ只中にありますが急激な高齢者の増加に対して年々少子化が進み、介護する側の人数が足らなくなってきています。
また高齢者施設への入居を希望していても常に定員がいっぱいで入居するためには数年間も待たなくてはならないことも多く見られます。
そのためしかたなくご家族により自宅で高齢者を介護しなければならず、その苦労は並大抵のものではありません。
そこで介護労働負担を軽減するために呼び出しベルがあると家族のケアもずっと楽になります。
呼び出しベルを身近に設置することで、例えば寝たきりの高齢者でも自分の意志を伝えることができますし、ある程度自立している高齢者である場合は一人でも安心してトイレや入浴することができます。
またそれぞれのお部屋が離れている場合でも呼び出しベルがあればすぐに駆け付けることができます。配線も不要で値段も安価なのも魅力です。
24時間離れることなく介護しなければならないのはとても辛いことですが、その負担を少しでも軽減することができるのが呼び出しベルなのです。